貿易事務で活躍したいなら求人を閲覧するべし|転職に有利なもの

やりごたえのある仕事です

気になる仕事内容とは

パソコンを操作する人

日本は島国という事もあり、古くから貿易を行なってきている歴史があります。
日本が経済大国として成長する事が出来たのも、貿易を効率的に活用して物流を行なっていたからだと言えます。
一時は輸出に偏る時期もあったものの、生産拠点をコストが安い海外に置いたり、海外から安い商品を仕入れるケースも多く、輸出、輸入共に広く行われているのが実情です。
この様に貿易を広く行なっている日本において、貿易事務の求人は非常にニーズが高くなっています。
貿易というと大手商社やメーカーなどをイメージする方が少なくありませんが、中小企業も多く貿易を行なっており、あらゆる規模の会社からニーズがあるのです。
貿易事務の仕事は単純な事務作業に加えて、荷物の配送手配や現地会社との折衝、各種税の納付など多岐に渡っています。
更に海外とのやりとりが必要となるケースも多く、英語など外国語への対応力も求められます。
語学力に自信があるという方も専門用語などが多い業界なので、より一層の英語力の強化にも繋がるので、スキルアップも仕事を通して行なって行けると言えるでしょう。
また、貿易事務は単純な書類作成1つをとっても専門知識が求められる為、未経験で求人に応募する場合はそれ相応の覚悟が必要となります。
もちろん、覚悟だけでは乗り越えられ無い部分もあるので貿易事務の求人に応募をする際は研修制度がしっかりとしている求人及び会社を選ぶのが賢明と言えるでしょう。

会社によって違う応募条件

GOOD JOB

資源の少ない日本では、さまざまなものを海外から輸入することや製造したものを海外へ輸出することは欠かせないものです。
海外から輸入や輸出する際には、日本国外に入れるためと出すための書類作成関が必要になります。
また、それだけでなく海外にある取引先との折衝も欠かせない業務であり、これらの貿易に関する事務作業を貿易事務といいます。
貿易事務では主に英語で書類作成や取引先との折衝を行うので、英語力はTOEIC600以上は必要です。
貿易事務の求人を出す主な企業は、海外との取引のある商社やメーカーですが、求められている人は英語ができるだけなくコミュニケーションもしっかりとれる人です。
そして、日本や海外の法律知識も求められますし、自分で判断する力も高いレベルのものが求められます。
商社やメーカーの貿易事務の求人は、比較的未経験者でもチャレンジしやすく英語さえ一定レベル以上であれば採用されるチャンスは最も多いです。
商社やメーカー以外の求人になると英語だけでなく、実際にある程度の貿易事務をした経験が必要となり、国際物流や船会社の出す求人は経験者を求めている求人が多いです。
こちらは、輸出入するさいにどのルートで運ぶのが最もいいのかや荷物を船に積む手配から書類作成など、貿易に関することが多岐に渡ります。
仕事をこなすためには、基本的な貿易事務はできる人がいいでしょう。
その他の最も貿易事務の経験が求められるのが、商社やメーカーからの輸出入を請け負っている倉庫会社や海貨業者です。
貿易に関するかなり専門的な知識が必要とされる業務の多い会社ですので、通関士の資格を取得しておくと有利です。

外国語を活かせる仕事

Find Job

外国語が話せるということは決して簡単なことではないのにも関わらず、生かせる職場やそれに見合う対価をもらえていないと思っている方も少なくないと思います。
そんな方にお勧めなのが貿易事務です。
貿易事務の仕事は輸出に関する業務と、輸入に関する業務の2種類あります。
輸出の場合、輸出通関のための書類作成、運送便の手配などがあります。
輸入の場合、輸入通関のための手配、関税の納付、消費税の納付などがあります。
どちらも取引先である外国の企業とのやり取りが必要になることに変わりはなく、様々な手続きで外国語のメール、電話のやり取りが必要になります。
外国語が生かせるだけでなく、事務のスキルまで身につくため母国語以外の言語が話せる方にはお勧めの職業である貿易事務。
外国語を話せることを必須スキルとする他の求人に比べて、時給などの賃金が比較的高いことも特徴です。
しかし、アルバイトの求人サイトなどではあまり見かけません。
それ故、求人を見つけることがむずかしいこともあります。
しかし、派遣会社へ登録することで容易に見つけることが可能です。
また、一般的な求人サイトでも見かけることはありますが、ごく稀で時給も安いことが多いです。
なので、なるべく早く就業したいという方は、貿易事務の取り扱いの多い大手などの派遣会社に登録されることをお勧めします。
近年は貿易事務などの外国語を活かせる仕事に特化し他派遣会社もあるのでチェックすると良いでしょう。